無料相談受付中

お気に入りに追加

奈良相続遺言相談センター

奈良住宅ローン返済相談室

所属団体

奈良商工会議所青年部 奈良大宮ロータリークラブ

相続放棄

相続放棄のことならお任せください
相続放棄サポートプラン
相続放棄申述書の作成 1人目 40,000円(税別)
2人目以降 30,000円(税別)

相続発生又は先順位の相続放棄が受理されてから3ヶ月以上経過している場合は30,000円(税別)加算します。

相続放棄の概要

相続人は遺産の相続を放棄することができます。被相続人の財産よりも借金などの負債の方が多い場合や、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するとき場合などに利用することができます。
なお、先順位の相続人が全員相続放棄をすると、次順位の相続人が法定相続人となりますので注意が必要です。たとえば、借金が多い場合等で、第1順位の子全員で相続放棄をした場合は、第2順位の父母や第3順位の兄弟姉妹が代わりに借金を相続することになりますので、第2順位や第3順位の相続人がいる場合は、順次相続放棄の手続をとる必要があります。

被相続人の借金が多いことにより相続放棄を検討されている場合は、被相続人の債務整理(任意整理・過払金返還請求)を行うことにより、相続放棄しなくても良くなる場合がありますので一度ご相談下さい。

任意整理についてはこちら

相続放棄をすることができる人

相続人です。相続人が未成年者または成年被後見人である場合には、その法定代理人が代理して手続をすることになります。
なお、未成年者と法定代理人が共同相続人であって未成年者のみが申述するとき(法定代理人が先に申述している場合を除きます。)又は複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して申述するときには、当該未成年者について特別代理人の選任が必要です。

相続放棄をすることができる期間

相続放棄の手続は、民法により自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならないと定められています。
相続人が、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には、申立てにより、家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。

相続放棄の手続をする場所

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所になります。

相続放棄手続に必要な書類

相続放棄の申述書 1通
申述人の戸籍謄本 1通
被相続人の除籍(戸籍)謄本、住民票の除票 各1通

※事案によっては、このほかの資料の提出が求められることがあります。

メールでも受け付けております

通話料無料 0120-324-575