無料相談受付中

お気に入りに追加

奈良相続遺言相談センター

奈良住宅ローン返済相談室

所属団体

奈良商工会議所青年部 奈良大宮ロータリークラブ

債務整理 過払金返還請求

個人再生について

個人再生とは

個人再生手続は、今後、継続的に収入を得られる見込みはあるが、多額の負債を抱えたためにその返済ができなくなった債務者が利用できる手続で、小規模個人再生給与所得者等再生の2種類の手続があります。また、住宅ローンを支払いながら個人再生を行う制度(住宅資金特別条項)を利用できることもあります。
個人再生手続の開始決定が出ると、申立人は、全債権者に対する返済総額を一部カットして、そのカットした後の金額を原則として3年で分割して返済するという再生計画案を作成し、再生計画が認められると、その再生計画に従った弁済を行っていくことになり、計画通り弁済が終了すると、原則として残りの債務は免除されることになります。

小規模個人再生

小規模個人再生を利用する場合は、以下の全ての要件を充たしていることが必要です。

  • 個人の債務者であること
  • 支払不能のおそれがあること
  • 負債総額が5000万円以下であること(ただし、住宅ローンを除きます)
  • 弁済計画どおり返済できる見込みがあること
  • 継続的に収入を得る見込みがあること

小規模個人再生では、次の[1][2]のうち、いずれか大きい金額を支払う必要があります。

  • 負債総額によって決められる金額
    • 100万円未満 → 負債総額の全額
    • 100万円以上500万円未満 → 100万円
    • 500万円以上1500万円未満 → 負債総額の5分の1
    • 1500万円以上3000万円未満 → 300万円
    • 3000万円以上5000万円以下 → 負債総額の10分の1
  • 持っている財産の評価額

給与所得者等再生

給与所得者等再生を利用する場合は、小規模個人再生の要件[1]〜[5]に加えて、[6][5]の継続的収入が給与等であって、その金額の変動が少ないことが必要となります。

小規模個人再生との主な違いとしては、給与所得者等再生においては、小規模個人再生に必要な条件に加えて、

  • 申立人が給料等をもらっていて、かつ、収入の変動が少ないこと
  • 可処分所得の2年分以上の金額を最低限返済しなければならないこと

が必要となります。その代わりに、債権者による投票を必要ありません。

給与所得者等再生では、次の[1]〜[3]のうち、一番大きい金額を支払う必要があります。

  • 負債総額によって決められる金額
    • 100万円未満 → 負債総額の全額
    • 100万円以上500万円未満 → 100万円
    • 500万円以上1500万円未満 → 負債総額の5分の1
    • 1500万円以上3000万円未満 → 300万円
    • 3000万円以上5000万円以下 → 負債総額の10分の1
  • 持っている財産の評価額
  • 可処分所得の2年分
    可処分所得=手取収入額から、法律(政令)で認められた生活費を引いた残額

住宅資金特別条項

住宅ローン支払い中の自宅がある人が個人再生手続を進めようとする場合、住宅ローンを特別扱いして返済をしていって自宅を残すことができる制度です。

本制度を利用するためには、少なくとも以下の[1]〜[4]を充たしている必要があります。

  • 自分名義の住宅を所有していること
  • [1]の住宅を自宅として使用していること
  • 自宅に、住宅ローンを担保するための抵当権がついていること
  • 自宅に、住宅ローン以外の借金を担保するための抵当権等がついていないこと(ほかにも詳細な条件があります)

本制度を利用した場合、住宅ローンの支払方法を変更したり、返済期間を延長したりすることは可能な場合がありますが、住宅ローンの支払金額自体をカットすることはできません。

メールでも受け付けております

通話料無料 0120-324-575