無料相談受付中

お気に入りに追加

奈良相続遺言相談センター

奈良住宅ローン返済相談室

所属団体

奈良商工会議所青年部 奈良大宮ロータリークラブ

債務整理 過払金返還請求

過払金返還請求について

平成22年6月18日に改正貸金業法が施行されるまでは、グレーゾーン金利というものが存在していました。「グレーゾーン金利」すなわち利息制限法所定の利率を超える利息を支払っていた場合は、払いすぎた利息を取り戻せる可能性があります。

グレーゾーン金利とは

お金を貸した場合の利息については「利息制限法」という法律で次のとおり上限が定められており、超える部分については無効とされております。

元本10万円未満の場合 ............ 20%
元本10万円以上100万円未満の場合 ............ 18%
元本100万円以上の場合 ............ 15%

そして、この制限を超えた利息(超過利息)の支払いは無効と規定していています。また、「出資法」という法律で、年29.2%を超える利率による貸付は罰せられることとなっております。この「利息制限法」と「出資法」の金利の差の部分がグレーゾーンと呼ばれており、貸金業法が改正させるまでは、消費者金融の貸付や信販会社のキャッシングの多くはこのグレーゾーンの金利で貸付を行っておりました。
最近の裁判では、グレーゾーン金利の部分は無効だという判決が多く出されております。超過利息の支払いは無効となりますので、超過利息を支払っている場合は、その超過した金額を順次元本に充当させることで、残元本をそれだけ減額することができます。その結果、元本が完済された後もさらに支払った金銭(過払金)については、返還請求をすることができます。

借金が残っている方

借金が残っている方につきましては、任意整理の手続の中で、過払金返還請求を行ってまいります。

すでに借金を完済されている方

過払金返還請求権の時効は10年となっております。
最後の取引日(完済した日)から10年が経っていなければ過払金の返還請求をすることができます。
過去に利息制限法所定の利率を超える利率で借入をしていた可能性のある方は、是非一度ご相談下さい。契約書、カード、明細書等の資料がもし残っていなくても、貸金業者の名前が分かれば結構です。

過払金返還請求の流れ

貸金業者に対して受任通知を送付し、取引履歴を取り寄せて、利息制限法所定の利率で引直計算するところまでは、債務整理手続の流れと同じです。
引直計算をした結果、過払金が発生していた場合は、貸金業者等に対し、「過払金返還請求書」を送付します。返還の合意ができれば、和解書を取り交わし、返還期日(通常1〜2ヶ月後)に入金されます。
返還の合意ができない場合や、7割や8割しか返還に応じない場合は、過払金返還請求訴訟を提起します。訴訟を提起すると、約1ヵ月後に第1回目の期日が指定されます。裁判外で和解交渉を行い、合意ができれば、和解書を取り交わし、約1〜2ヵ月後に入金されます。入金の確認後に訴訟を取り下げることになります。個別のケースごとに異なりますが、過払金返還請求書を送付してから回収できるまで、概ね3ヶ月から半年くらいかかります。また、裁判外で和解ができない場合は、判決をもらうことになりますが、この場合は、半年〜1年くらいかかることもあります。

過払金返還請求に関する無料相談を受け付けております。

債務整理・過払金返還請求に関する無料相談
メール受付

メールでも受け付けております

通話料無料 0120-324-575