無料相談受付中

お気に入りに追加

奈良相続遺言相談センター

奈良住宅ローン返済相談室

所属団体

奈良商工会議所青年部 奈良大宮ロータリークラブ

債務整理 過払金返還請求

債務整理で借金問題を解決し、生活を再建して、明るい未来を取り戻しましょう!

借金を抱えることとなったきっかけはいろいろとあると思います。

  • 「病気で働けなくなって生活費や医療費が足りなくなった。」
  • 「勤め先の業績が悪化して給料が下がった。」
  • 「住宅ローンが払えなくて、カードローンで借りて支払った。」・・・

しかし、借金を返すために借入を行っていませんか?
もしそうであれば今後は借金は増える一方で減ることはありません。

  • 「毎月カードローンの返済をしては、すぐに限度額いっぱいまで借りている。」
  • 「リボ払いで支払っているが、残高がほとんど減らない。」
  • 「毎月キャッシングをして、返済に充てている。」

このような方は、収入の範囲内で返済ができない状態になっていますので、債務整理の手続をして、生活を再建する必要があります。
借金問題は必ず解決できます。是非、当事務所に一度ご相談下さい。

多重債務・借金問題に関するご相談

相談無料着手金不要費用分割可

当事務所では、クレジット・消費者金融・カードローン等でお悩みの方の債務状況を確認の上、最適な法的債務整理の方法で多重債務・借金問題を解決いたします。
相談は無料です。また、相談の結果、当事務所で債務整理業務を受任させていただくこととなりましても、依頼時の着手金は不要とさせていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。また、費用のお支払いにつきましても、依頼者の状況に応じて、分割払い等、柔軟に対応させていただいておりますのでご安心下さい。

債務を整理する法的手続には、裁判外で弁護士や認定司法書士が債権者と交渉して話し合いで解決する任意整理の方法があり、また、裁判所を利用するものとして、自己破産個人再生があります。それぞれ、利用できるケースや、各手続のメリット・デメリットがありますので、当事務所では、依頼者の方の債務状況を詳しくお聞かせいただいた上で、最適な手続を選択させていただきます。

債務整理手続きの流れ

債務整理手続について具体的な進め方について説明させていただいております。

各手続のご説明

任意整理自己破産個人再生
過払金返還請求

費用

債務整理の依頼する場合、ほとんどの方が資金的にゆとりがないのが通常です。
一部の弁護士・司法書士の中には、依頼時に多額の着手金を請求する方もおられるようですが、当事務所では、ご依頼時にお支払いいただく費用は不要とさせて頂いております。ご依頼時にまとまったお金をご用意いただく必要はありませんのでご安心下さい。
また、当事務所では、減額報酬はいただかないこととさせていただきました(平成22年10月1日改定、同日以降の受任につき適用)ので、後日、不測の費用が発生するということはありません。

債務整理の費用については、分割払いでお支払いただくことが可能です。債務整理のご依頼をいただいてから、各業者と和解が成立するまで、または自己破産や個人再生の手続が完了するまで通常3ヶ月〜6ヶ月程度の時間がかかります。その間、各貸金業者への返済は、いったん全部ストップしていただきますので、これまで返済に充てていた金額を充てる形で3〜5回程度の分割払いにてお支払いただくことになります(なお、分割の回数はご事情に応じてさらに長期で承ることも可能ですので、お気軽にご相談ください)。

過払金返還請求の場合は裁判外で回収が困難なことも多く訴訟を提起させていただくことがあり、その場合は裁判実費が必要となります。請求する金額にもよりますが、概ね5,000円〜20,000円程度の金額です。

任意整理費用 債権者数×30,000円(税別)
過払金返還費用 回収金額の20%(税別)
裁判実費(収入印紙・予納郵券・資格証明書代)
過払金返還請求費用
(完済後の請求の場合)
債権者数×30,000円(税別)
過払金返還費用 回収金額の20%(税別)
裁判実費(収入印紙・予納郵券・資格証明書代)
自己破産費用 240,000円(税別)〜 ※
裁判実費(収入印紙・予納郵券)、予納金
個人再生費用 300,000円(税別)
住宅資金特別条項を定める場合は50,000円(税別)加算
裁判実費(収入印紙・予納郵券)、予納金

※ 個人事業主である場合、不動産がある場合、管財事件になる場合等で複雑な事案につきましては、依頼時にご説明させていただいたうえで加算させていただくことがあります。

メールでも受け付けております

通話料無料 0120-324-575